/

この記事は会員限定です

北関東3県、コロナ病床・療養施設の拡充急ぐ

[有料会員限定]

北関東3県は新型コロナウイルスの感染者が入院・療養する施設を急ピッチで拡充している。新規感染者の急増に伴い、コロナ病床の稼働率が6割前後と高止まりしているためだ。入院調整中の感染者も増えているなか、医療提供体制を一段と強化する。

群馬県の山本一太知事は21日、県西部の高崎市にコロナの軽症・無症状者が入る宿泊療養施設を25日から稼働させると発表した。県内で同様の施設は3棟目となり、同県が確保した室数...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り733文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン