/

この記事は会員限定です

浜松の外食企業、放置竹林からメンマ開発 国産化推進

[有料会員限定]

シャキシャキとした食感が心地よいメンマ。ラーメンなどに添えて楽しめる。飲食店を展開するジー・ディー・エス(浜松市)は、地域の放置竹林からメンマを開発し「浜松メンマ」として商品化した。放置竹林の削減と国産メンマの普及を同時に目指した取り組みが進む。

「放っておいたらこの辺りまで竹が広がってきますからね」。同社がレストラン「CoCoChi」を構える浜松市西区大久保町はもともと竹林が多い地域だ。近隣の農...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り917文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン