/

この記事は会員限定です

技術力で自動車部品市場開拓 テラダイ、多角化も挑戦

埼の強み

[有料会員限定]

埼玉県入間市のテラダイは自動車エンジン向けを中心に鋳造部品の製造を手がける。溶けた金属を加圧しながら鋳型に注入する「ダイカスト」の技術が強みで、中国やメキシコを含む国内外に5拠点を構える。自動車業界が変革期を迎えるなか、製品の多角化にも力を入れる。

部品は約700度の溶解炉で溶かしたアルミ合金を固めて製造し「全世界で供給される4分の1ほどの自動車で使われている」(寺園智樹社長)。ダイカスト法を使っ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り763文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン