/

この記事は会員限定です

浜松市の区再編、基礎6案まとまる 来期の協議に道筋

[有料会員限定]

浜松市の行政区再編を議論する市議会の行財政改革・大都市制度調査特別委員会は19日、現行7つの区数を減らす区割り案のたたき台として、6案をまとめた。2~4区にする案を2案ずつ採用した。5月以降に開く会合では最終案の選定に向け、6案を基に議論を進める。再編を巡る協議について年度内に一定の道筋を付けた形だ。

2月末に示された2~5区の13案の中から6案に絞り込んだ。自民党浜松、市民クラブ、創造浜松、公明...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り986文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン