/

この記事は会員限定です

エプソン・小川社長、「環境」で社会貢献と企業価値向上

[有料会員限定]

セイコーエプソンは2025年度までの長期ビジョンを改定した。小川恭範社長は19日、日本経済新聞の取材に応じ、「環境」をキーワードに社会貢献による企業価値向上と新たなビジネスの創造を進める考えを明らかにした。主なやり取りは以下の通り。

――従来の長期ビジョンが掲げた売り上げ目標は達成が難しくなり、新ビジョンでは目標を明示しませんでした。

「サイバー空間とリアルをつないで新しい時代を創るという考え方は新ビジョンでも変...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1590文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン