/

長野のオリオン機械、消費電力抑えたチラー

産業機械製造のオリオン機械(長野県須坂市)は、気温が低い時期は外気を利用することで、年間消費電力を抑えたチラー(冷却水循環装置)「エコハイブリッドチラー FCMC55A」を開発した。4月1日に受注を始め、年間300台以上の受注を見込む。

複数台並べて使いやすいよう形状を工夫した

気温が低いときは、外気を利用して消費電力を抑えるモードに自動的に切り替わる。設定温度は15~35度までに限定されるが、同社のインバーターチラーと比較して年間消費電力を6割削減できるケースもあるという。

形状を工夫し、複数台並べて使いやすくしたのも特徴。価格はポンプを内蔵しないモデルで536万8000円。電子部品工場や食品工場などへ販売するほか、ビルなどに設置された冷却塔からの更新需要も狙う。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン