/

この記事は会員限定です

ジャパンフーズ、缶飲料の新工場稼働 千葉県長柄町で

[有料会員限定]

飲料受託製造大手のジャパンフーズは、千葉県長柄町の本社工場の敷地内に建設していた缶飲料の新工場を稼働した。老朽化した設備を入れ替えて製造ラインを集約し、生産能力を2倍に引き上げた。

新工場ではステイ・オン・タブ(SOT)缶飲料の生産を手掛ける。地上4階建てで、延べ床面積は約1万700平方メートル。3~4階部分に製造ラインを入れ、これまでSOT缶を製造していた2ラインを集約して最新鋭の機械を導入。生産能力は250...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り350文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン