/

JR水郡線、全線復旧は21年3月27日 1年5カ月ぶり

JR東日本水戸支社は2019年10月の台風19号の影響で休止している水郡線の袋田(茨城県大子町)~常陸大子駅間(同)の運転を21年3月27日から再開すると発表した。ほぼ1年5カ月ぶりに全線運行となる。3月26日までは引き続き上小川~常陸大子駅間で代行バスを運行する。

3月13日からのダイヤ改正にあわせ、水戸線の小山(栃木県小山市)~友部駅(茨城県笠間市)と、友部~勝田駅(同ひたちなか市)の常磐線直通(一部は友部~水戸駅)をワンマン運転とすることも明らかにした。常磐線は勝田駅行き下りの最終列車の運転時刻を繰り上げ、いわき駅(福島県いわき市)行き下りの始発を繰り下げる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン