/

コロナ感染300人突破 山形知事「医療現場逼迫」

山形県の吉村美栄子知事は18日夜、県庁で臨時記者会見を開いた。新型コロナウイルスの感染者を受け入れる病床占有率が31.0%に達するなど厳しい医療状況を説明、県民にマスクの着用などを求めた。ただ、年末年始の帰省や、県独自の観光キャンペーンを継続するのかといった対応については、近日中に対策会議を開いて決めるとして明言を避けた。

急増する新型コロナウイルスの感染者数(山形県のホームページから)

同日で累計感染者数は302人となった。知事は「全体では下から6番目か7番目に低いが、5つのクラスター(感染者集団)が確認され、県内全域に広がりを見せている」と危機感を示し、「県立中央病院の病床利用率は80%を超えて非常事態。このままでは救急患者を受け入れられなくなる」と述べた。

そのうえで、マスクの着用や適切な換気などを求めた。同日は医療専門家との会議が開かれ、帰省の自粛などより強い対応を求める声があったという。県独自の観光キャンペーンを年末年始も継続するかなど課題は多いが、「まずは医療現場が逼迫している現状を知ってほしい」と述べるにとどめた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン