/

コロナ変異種の感染確認、静岡県「20日までに対応方針」

静岡県は18日夜に緊急記者会見を開き、県内在住の3人が英国で拡大する新型コロナウイルスの変異種に感染したことを受け、20日までに対応方針を発表する方針を明らかにした。感染者が出た地域の学校の休校や、民間事業者への営業時間の短縮要請が必要かどうかなどを検討する。

新型コロナの英国変異種の感染者確認を受けて記者会見する静岡県の疾病対策課長㊧(18日、静岡市)

県庁内で会見した疾病対策課長は「3人とも濃厚接触者が全て特定され、不特定多数の接触も確認されていないことなどから、今日時点でただちに特別な行動制限を発する必要はないと考えている」と述べた。その上で、県民にマスク着用や手洗い、施設の換気など感染対策を徹底するよう呼びかけた。一方、3人が居住する市町名の公表は「調査が始まったばかりで差し控えたい」と説明した。

厚生労働省によると3人は20代女性、40代女性、60代男性で、いずれも英国滞在歴や海外渡航者との接触歴は確認されていない。県はコロナに感染した時期が3人と近く、近隣地域にいる人が変異種に感染しているかも国に調査を依頼しているという。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン