/

この記事は会員限定です

静岡県 製紙会社と医療用ガウン生産・供給の仕組み構築

[有料会員限定]

静岡県は富士市の製紙会社などと組み、緊急時に医療用ガウンを県内で生産し医療機関に供給する仕組みをつくる。新型コロナウイルスの感染拡大で輸入が滞るなど品薄になった際、紙を製造する設備で不織布を代替生産できるようにする。自治体と民間が組んだこうした試みは全国でも珍しいという。

民間企業に企画提案を募り、採択した天間特殊製紙と医療用ガウンの素材となる不織布を生産する実証実験をこのほど始めた。同社は普段、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り824文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン