/

ローランド、ギターエフェクター 60年代のひずみ音

ローランドは4月24日、英国のギター関連ブランド「Sola Sound」と共同開発したギターエフェクター「TB-2W」をBOSS(ボス)ブランドから発売する。Sola Soundが1960年代に手掛けたエフェクター「Tone Bender Mk Ⅱ」のひずんだ音を再現した。価格は3万8500円前後。国内外で3000台を限定販売する。

ファズの音はエフェクター黎明(れいめい)期に登場した

60年代に流行した「ファズ」と呼ばれるけば立ったような独特のひずみ音を出す。Tone Bender Mk Ⅱをもとに、ボスの技術的な知見を加えて再構築した。

半導体素子のトランジスタにはオリジナルと同様、希少性の高いゲルマニウム製を採用。個体差の小さい良質なものを調達した。電池の残量によって音が微妙に変わるなどの性質を再現するため、3つの駆動電圧を選べるようにした。都田工場(浜松市)で生産する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン