/

この記事は会員限定です

新潟、長野とも下落率拡大 公示地価

[有料会員限定]

国土交通省は23日、2021年の公示地価(1月1日時点)を発表した。新型コロナウイルスによる経済活動の停滞などで、信越でも住宅地・商業地ともに下落率が拡大した。訪日外国人(インバウンド)客の減少が多くの観光地に影響したが、長野県では軽井沢町や白馬村で上昇が継続した。

新潟県全体の全用途平均の地価下落率は1.0%となり、前年から0.4ポイント悪化した。下落は26年連続だ。前年までは10年連続で下落幅...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1072文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン