/

東京・渋谷区、LINEで住民情報漏洩せず

東京都渋谷区ではLINEから住民票や証明書の申請が可能だ

対話アプリ「LINE」の国内の利用者の個人情報が中国でアクセスできる状態になっていた問題で、東京都渋谷区は運営会社のLINEから住民情報は漏洩していない趣旨の報告があったことを明らかにした。同区はLINEを使った住民サービスの運用を継続する方針だ。

同アプリはシステム開発を委託している中国の関連会社で、国内利用者の個人情報に現地の技術者がアクセスできる状態になっていた。同区は18日、区ホームページに「区公式アカウントを利用する場合は(情報の)委託先への送信は事実としてなく、中国での委託、中国からの閲覧などはないという趣旨の報告をLINEから受けた」とするコメントを掲載した。

同区はLINEを通じて住民票の写しや課税証明書の交付申請など9種類のサービスを提供しているほか、2021年度以降はオンライン健康相談など6種類のサービスを追加する予定にしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン