/

この記事は会員限定です

千葉県内の自治体、ワクチン接種へ専門部署 千葉市など

[有料会員限定]

新型コロナウイルスのワクチン接種に備え、千葉県内の自治体が専門部署を立ち上げ始めた。3月下旬には市町村による高齢者への接種が始まる見通しで、必要な接種券の発行準備や接種会場の確保などを急ぐ。

千葉市は15日、医療政策課内に「新型コロナウイルスワクチン接種推進室」を設けた。3月上旬には高齢者約25万人に接種券を印刷・郵送したい考えで、発行システムの整備、医療機関や会場の調整、ワクチンを保管する超低温...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り234文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン