/

秋田県、コロナ警戒レベル3に引き上げ 病床115床に

秋田県は18日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、感染警戒レベルを深刻度が上から4番目のレベル2から3番目のレベル3に引き上げた。12月28日以降の1週間当たりの感染者数は20人以上と高い水準が続くためだ。

感染警戒レベルの引き上げを決めた秋田県新型コロナウイルス感染症対策本部会議(18日、秋田県庁)

すでに県民に対して要請している緊急事態宣言の発令された11都府県との往来自粛に加え、仙台市など感染者が多い地域との往来も強く注意喚起する。飲食店の時短営業や不要不急の外出自粛については要請しない。

病床については69床の即応病床を18日から115床に増やした。秋田市立秋田総合病院でクラスター(感染者集団)が発生し、17日時点の病床使用率が39.1%に達したためだ。

飲食店の時短営業を要請しない理由について、佐竹敬久知事は終了後の記者会見で「(12月下旬以降の感染者急増は)飲食店より一般の家庭や集会施設で起きている。まだその(時短営業を要請する)段階ではない」と話した。家庭や集会施設での多人数で長時間の会食に注意を呼びかけた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン