/

この記事は会員限定です

東海第2原発差し止め判決、山田村長「冷静に受け止め」

[有料会員限定]

日本原子力発電(原電)の東海第2原子力発電所(茨城県東海村)の運転差し止めを住民らが求めた訴訟で水戸地裁は18日、住民側の請求を認める判決を言い渡した。県や関連市村は明確な見解を控えたが、実効性のある避難計画など再稼働に向けたハードルが改めて浮き彫りになった。

立地する東海村の山田修村長は「広域避難計画の実効性向上と住民の意向把握に取り組んでいる」としたうえで「司法上の一つの判断がなされたと冷静に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り420文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン