/

この記事は会員限定です

東北各県、病床・宿泊施設の確保急ぐ 入院即応の体制に

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大に対応し、東北の自治体が病床や宿泊療養施設の確保を急いでいる。緊急事態宣言が発令された三大都市圏のように感染者の増加には至っていないが、すぐに入院可能な「即応病床」の確保など対応を進める。近隣県も医療提供体制の逼迫などを想定し、受け入れ体制を拡充する。

宮城県は14日、軽症者や無症状者が入る宿泊療養施設を200室から500室へ増やした。仙台市内のホテル2棟を借り上げ1棟...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1095文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン