/

日産、EVサービスの実証拠点 福島・浪江に設置へ

日産自動車は2021年度、電気自動車(EV)などを活用する移動サービスの実証実験の推進拠点を福島県浪江町に設ける。実験エリアは実施済みの同町から近隣の2市町に広げる。日産の内田誠社長兼最高経営責任者(CEO)が18日、浪江町役場を訪れ、明らかにした。

拠点事務所はJR浪江駅周辺での開設を見込み、従業員は40~50人を想定。2月、イオン東北などと共同で、スマートフォンで予約できるオンデマンド交通などの実証実験を町内で実施しており、21年度はこれを南相馬市と双葉町でも展開する。

浪江町は東日本大震災の津波と東京電力福島第1原発事故で被災した。内田社長はこの日、町内を視察後に役場で吉田数博町長と面会。その後、報道陣の取材に「車を売るだけでなく、自動運転技術などを通じ、町にどんな価値を提供できるかを見極めたい」と話した。

日産と住友商事が共同出資する会社は18年、リチウムイオン電池の再利用を手掛ける工場を浪江町内に開設している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

東日本大震災から11年、復興・創生期間がほぼ終了した被災地。インフラ整備や原発、防災、そして地域に生きる人々の現在とこれからをテーマにした記事をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン