/

群馬銀行と東和銀行、昼休み休業の店舗拡大

前橋市の群馬銀行本店

群馬銀行東和銀行はそれぞれ窓口の昼休み休業を導入する店舗を拡大する。いずれも20日からで、群馬銀は群馬の71店舗、東和銀は群馬や埼玉などの60店舗が対象。昼休み中の消毒や窓口の混雑緩和など、新型コロナウイルスの感染防止を徹底する狙いがある。

両行とも期間は当面の間としている。両行はこれまでも都内などの店舗で昼休みに休業していた。それらと合わせると、東和銀は全ての営業店舗、群馬銀は栃木などの一部店舗や個人相談プラザ、ローンステーションを除く国内店舗の大半で昼休み休業を導入することになる。

昼休み時間は群馬銀が午前11時30分から午後0時30分まで、東和銀が正午から午後1時までの1時間とする。群馬銀では一部店舗で時間が異なる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン