/

この記事は会員限定です

北海道新幹線延伸の残土、札幌の処理場に受け入れ要請へ

[有料会員限定]

鉄道建設・運輸施設整備支援機構(横浜市)は18日、北海道新幹線延伸に伴うトンネル工事で出た掘削土をごみ最終処分場「山口処理場」(札幌市)に受け入れてもらうよう住民らに要請すると発表した。事前調査が終了し、重金属を含む掘削土を環境への影響を抑制しながら処分できると判断した。

札幌市と同機構が28~29日、近隣住民ら向けに環境対策や工事の具体的な内容などについて説明する。掘削土には微量のヒ素が含まれて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り205文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン