/

この記事は会員限定です

JR宇都宮線、通勤時間帯の本数削減 21年3月

[有料会員限定]

JR東日本は18日、2021年3月のダイヤ改正で宇都宮線の運行本数を削減すると発表した。最も影響の大きい古河―小金井間では平日の本数が上下で1割強減少し、191本となる。新型コロナウイルスの影響で在宅勤務が広がり、朝夕の通勤時間帯の乗客が減っているのに対応する。高崎線でも日中時間帯の上野駅発着の列車を毎時1本程度運転をとりやめる。

ダイヤ改正は3月13日に実施する。深夜の乗客減への対応や鉄道の保守...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り313文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン