/

「地図でみる」ガイド本、京都の次は山形 山形大教授ら

出版社の海青社(大津市)は「地図でみる山形」を出版した。山形大学の山田浩久教授らが編集、各市町村を見開き2ページで地形図を使って紹介する。都道府県別では京都に次ぐ第2弾で、「地方を扱う地図は少なく、東北は一定の需要がある」(宮内久社長)とみている。

各市町村を見開き2ページで紹介する「地図でみる山形」

全78ページに合併前の町村を含む旧44市町村を盛り込んだ。見開きの右側に中心市街地の地形図、左側に文化や歴史を紹介する。地形図は徒歩や自転車で動きやすい2万5000分を原寸で掲載し、紹介文で取り上げたスポットを示した。

各市町村の中心部を掲載するため、著名な観光スポットが載っていないところもある。「なぜそこに人が集まったのかという新たな発見があり、人と自然の関係がよくわかる」(山田教授)という。ネットで地図をみる人が増えており、宮内社長は「各地の大学や高校の先生に依頼し各県に広げたい」としている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン