/

この記事は会員限定です

インクでウイルス不活性化 紫外線を高反射 岡本硝子

ちばNewWave

[有料会員限定]

千葉県柏市に本社と製造拠点を置く岡本硝子が紫外線の殺菌力を高めるインクを開発した。塗った素材が紫外線を効率よく拡散反射し、短い照射時間で効果がある。ウイルスの不活性化も見込め、新型コロナウイルスの感染拡大の中で注目されている。

紫外線は照度が高いか照射時間が長いほど殺菌力が高まる。新商品「Hi-UVC」は殺菌力が特に強い深紫外線「UV-C」の反射率を高める。アルミやステンレスの表面に塗って膜状にすると、反...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り756文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン