/

この記事は会員限定です

使用減の公共施設をテレワーク拠点に 神奈川で再活用

[有料会員限定]

神奈川県内で使用頻度が減った公共施設をテレワークなどの拠点として再活用する取り組みが広がっている。証明書の交付サービス導入や市町村合併で窓口業務が減る一方、新型コロナウイルスの影響で在宅勤務や近距離移住に注目が集まっている。自治体は周辺の豊かな自然を含めてPRし、人を呼び込んで地域活性化につなげる狙いもある。

小田原市は、みかん畑に囲まれ相模湾を見下ろす高台にある旧片浦支所をシェアオフィスやテレワ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り983文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン