/

IPDロジスティクス、長野・佐久に物流拠点新設

物流管理のIPDロジスティクス(長野県東御市)は20日に同県佐久市に物流拠点を竣工すると発表した。3月上旬の稼働を目指す。佐久地域の製造業向けに、調達した部品を保管・管理するサービスなどを提供する。

ハザードマップに基づいて立地を選定した(完成イメージ)

新拠点「佐久営業所」は、敷地面積が5662平方メートルで、事務所や倉庫などの延べ床面積は2308平方メートル。投資額は約5億円で、当初は従業員20人程度が勤務する予定。

同社の物流拠点としては7カ所目で、佐久地域では2カ所目となる。長野県内でも水害などの自然災害が相次いでいることを考慮し、自治体が公表するハザードマップに基づいて、リスクの低い場所に立地を決めたという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン