/

この記事は会員限定です

「全国で活用を」 ワクチン接種、新潟県燕市が効率化

[有料会員限定]

新潟県燕市は、同市に本社があるツインバード工業の新型コロナウイルスワクチン輸送・保存用の保冷庫を使い、ファイザー製ワクチンの効率的な接種モデル「燕市版コールドチェーン(燕市モデル)」を確立した。輸送可能時間と保存日数を大幅に伸ばすことができる。新潟県は県内自治体での接種に積極活用する方針だ。

燕市モデルでは輸送可能時間は3時間から24時間に延ばせる。保存日数は5日間から14日間となる。可能にしたのは、ツインバード...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り869文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン