/

新潟の名店料理、OEMで販売 タカヨシがサイト開設 

印刷・販促企画のタカヨシ(新潟市)は18日、新潟の有名飲食店の料理を販売する電子商取引(EC)サイト「イチゼン」を立ち上げた。食品製造会社がOEM(相手先ブランドによる生産)でオリジナルメニューを製造。30代以上の女性をメインターゲットに、新潟の食を全国に発信する。

18日に開設したECサイトでは新潟の有名店メニューを取り扱う

タカヨシ子会社のディモルギア(同)が企画・運営を担う。価格は1万円前後で、新潟の有名店のメニューを掲載する。日本ミシュランタイヤ(東京・新宿)が発売した「ミシュランガイド新潟2020特別版」で二つ星を獲得した兄弟寿し(新潟市)や、一つ星の割烹渡辺(同)、鮨登喜和(新潟県新発田市)などもイチゼンを通じて料理を販売する。

イチゼンの掲載店は食材の詳細やレシピを提供し、食のOEMを手がけるタブリス(新潟市)が製造する。ECサイトでの売り上げの一部を販売数に応じて掲載店へ支払う仕組みで、店側の費用負担はメニュー開発費のみで済む。18日公開時点の掲載はまだ2店舗だが、月内に4店舗、2021年2月には計10店舗まで拡大する計画だ。

実際に掲載するまで、飲食店側の品質確認や一般向けの試食などモニター調査をえて全国へ販売する。製造担当のタブリスは「一流店からのお墨付きは達成感がある。高い品質を継続する誇りと責任感をもって製造したい」と意気込む。

1万円前後の商品をOEMで全国向けに販売する

新潟市のデジタルトランスフォーメーション(DX)の実証事業として採択され、市も500万円を補助する。新型コロナウイルスで飲食店の売り上げ減少が相次いでおり、中食需要を取り込めるとして期待がかかる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン