/

この記事は会員限定です

信越の宿泊施設、臨時休館相次ぐ 緊急事態宣言など影響

[有料会員限定]

信越の宿泊施設で臨時休館が相次いでいる。新型コロナウイルスの感染急拡大を受けた国の観光需要喚起策「Go To トラベル」停止や、11都府県への緊急事態宣言などで、集客が見込めなくなっているからだ。経営は厳しさを増しており、行政に支援を求める声も出ている。

アルピコホールディングス(長野県松本市)傘下の東洋観光事業(同茅野市)は松本市内で運営するホテルと旅館の計2施設を2月上中旬まで休館する。国の緊...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1096文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン