/

この記事は会員限定です

埼玉県医師会長、コロナ「第3波」抑制へ家庭内対策を

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染「第3波」が埼玉県内でも猛威を振るっている。医療態勢が脆弱になる年末年始までに何をすべきか。埼玉県医師会の金井忠男会長に聞いた。

――11月以降の感染拡大局面をどう見ますか。

「埼玉県では12月18日に過去最多となる1日当たり201人の新規感染者が確認されるなど、大変厳しい状況だ。このペースで増え続ければ医療態勢は危機的な状況になる。年末年始に向け、何としても感染者を抑制す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り841文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン