/

この記事は会員限定です

茨城・奥久慈の食材を鉄道輸送 JR東、水戸駅で販売

[有料会員限定]

茨城県大子町の特産のリンゴや卵を水郡線で運び、水戸駅で新鮮な状態で販売――。JR東日本水戸支社は18日、貨物と乗客を運ぶ貨客混載の実証実験を行った。産地の販路拡大を支援するとともに鉄道の空きスペースを有効活用する。19日も実施する。

18日に運んだのは奥久慈りんご、奥久慈しゃもの卵、奥久慈しゃもを使った弁当など。袋田駅(大子町)で午前11時20分台の客室の一部に段ボール24箱を積み込んだ。午後0時40分台に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り336文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン