/

この記事は会員限定です

「第1党」で変わる都政地図 選挙見据え続く駆け引き

都議選2021(上)

[有料会員限定]

6月25日告示・7月4日投開票の東京都議選まであと3カ月となった。小池百合子知事が実質的に率いる地域政党、都民ファーストの会と自民党による第1党争いが焦点になる。選挙で都議会に注目が集まり、旧態依然の議会をどう変えていくかも問われている。

「うれしい結果だ。知事が前面に立てば7月も戦える」。都議選の前哨戦として注目された千代田区長選の投票日翌日の2月1日、都民フ内は安堵感に包まれていた。

区長選は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1052文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン