/

この記事は会員限定です

栃木、魅力は深きところに

こだま

[有料会員限定]

新年度が始まった。転勤や進学によって栃木県で新たな生活をスタートさせた方々に2020年の民間調査で魅力度ランキング最下位となったこの県はどう映っているだろう。

筆者は当地に赴任して2年になる。感想を一言で言えば「栃木は自分から動いて掘ればさらに面白い」である。

もちろん、県外に広く知られているものはある。宇都宮のギョーザや、世界遺産となっている日光市の日光東照宮はその代表だ。根強いファンを持つスポ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り771文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン