/

この記事は会員限定です

FDA社長「就航先の神戸にはポテンシャル」

[有料会員限定]

地域航空会社として2009年から運航を開始したフジドリームエアラインズ(FDA、静岡市)。静岡空港などと同様に拠点とする神戸空港がコロナ禍のなか、2月に開港15年を迎えた。書面でのインタビューに応じた楠瀬俊一社長は「同空港はまだまだポテンシャルがある」と期待を示し、「訴求力のある運賃やPRを打ち出して関西圏での利用拡大を目指す」とした。

――FDAの神戸就航から1年4カ月がたちました。

「19年1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り622文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン