/

千葉県、まん延防止の地域変更へ 対象地域も酒提供可に

千葉県の熊谷俊人知事は17日、7月11日まで延長される新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」について対象地域を変更する方針を示した。市原市など5市を追加する一方、柏市や流山市などを対象外とする。感染対策をとることを条件に対象地域内の飲食店でも午後7時まで酒類の提供を認める方針も明らかにした。

千葉市内に酒類を提供する飲食店は臨時休業中も目立つ

18日に開く県の新型コロナウイルス対策本部会議で決定する見通し。感染状況や病床使用率などから新たに袖ヶ浦市や木更津市などを対象とし、感染が落ち着いてきているとして野田市などは対象から外す。熊谷知事は「感染状況によって期間中の地域の変更はあり得る」と述べた。

まん延防止地域の飲食店には酒類の提供を終日自粛するよう求めていたが、政府の方針を受けて換気や消毒、飛沫を防ぐ仕切りなどの対策をとる飲食店は対象地域内でも6月21日以降、午後7時までは酒類の提供を認める。営業時間は引き続き午後8時までとする。

熊谷知事は飲食店の利用について「大人数は控え、生活を共にしている人単位を徹底してほしい」と訴えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン