/

青森・むつ市長「共用案、直ちに受け入れはない」

青森県むつ市の使用済み核燃料中間貯蔵施設を電力各社で共用する案を巡り、同市の宮下宗一郎市長は17日の記者会見で、電力各社でつくる電気事業連合会(電事連)と18日に面会する意向を明らかにした。ただ、同市長は「会うことが必ずしも(共用案を)前向きに進めることを意味しない。直ちに受け入れるということにはならない」と強調した。

記者会見する宮下市長(17日、青森県むつ市)

宮下市長は17日の梶山弘志経済産業相と電事連の池辺和弘会長の会談を受けて記者会見した。会見で同市長は梶山経産相から同日連絡があり、電事連が面会で共用案を説明することなどの説明があったことを明らかにした。

同市長は電事連から面会の要請を受けていたが、内容が不明として断っていた。国から直接連絡があったため、一転して面会することにしたという。

同市長は「地域には自己決定権がある。むつで暮らしている人たちの理解がなくては事業は進まない」と述べ、中間貯蔵施設の共用案が電事連主導で進んでいたことに対して「地元軽視の極み」と改めて不快感を示した。

電事連は18日午前に青森県の三村申吾知事に共用案などを説明した後、同日午後、むつ市の宮下市長に会う予定。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン