/

この記事は会員限定です

北大 日立の陽子線がん治療、ジョンズ・ホプキンスも導入

[有料会員限定]

北海道大学と日立製作所が実用化した陽子線を使う世界唯一のがん治療システムが国内外で注目を浴びている。全米病院ランキング1位のメイヨークリニックや3位のジョンズ・ホプキンス大学病院、北大病院など国内外の計12施設が導入。近年押され気味だった日本の医療技術を世界にPRするきっかけとなる可能性を秘める。

北大医学部の白土博樹教授らが開発した「動くがんを追跡できる動体追跡技術」と日立の照射技術を融合し、世界唯一のが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り929文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン