/

この記事は会員限定です

スマート農業、埼玉の農家が意欲

点照

[有料会員限定]

埼玉県行田市で2021年春、トラクターや田植え機などの自動運転に必要な「RTK基地局」が県内で初めて誕生する。スマート農業に意欲を持つコメ農家らが連携し、2つの基地局を設ける。メンバーの新井健一・あらい農産社長は「基地局設置はスマート農業推進の大きな一歩になる」と話す。

自動運転のトラクターや田植え機は人工衛星からの電波を受信し、位置を把握する。しかし、衛星の電波だけでは正確な位置情報を得られず、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り740文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン