/

この記事は会員限定です

静岡県にトヨタ実証都市 地元自治体、活性化に期待

クリック

[有料会員限定]

トヨタ自動車が静岡県裾野市に建設する先端技術を活用した実証都市の経済効果に地元の期待が高まっている。裾野市は実証都市建設に合わせ、デジタル技術を利用した活性化構想を策定。民間資金を導入して自動運転システムなどの実現をめざす。隣の三島市でも起業家のためのオフィス整備などが進む。

トヨタが2月に着工した実証都市「ウーブン・シティ」は、交通事故や物流の担い手不足といった社会課題の解決を目指し、移動に人工知能(AI)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1150文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン