/

この記事は会員限定です

オリパラのホストタウン、オンライン交流に活路

[有料会員限定]
東京五輪・パラリンピックで海外選手らを迎える全国のホストタウンが新型コロナウイルス下でオンライン交流に力を入れている。感染防止策を取りながら住民との交流をいかに確保するか。直接顔を合わせる機会が望めない状況で懸命に知恵を絞っている。

青森市(タジキスタン) ねぶたの技で学生が灯籠

青森市の主催で1月末、ねぶた師の北村春一さんがタジキスタンの学生らとオンラインを通じ、はりがねと紙を使うねぶたの技法を使...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1678文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン