/

福島の岩瀬農高、国際認証で高校単独日本一に

福島県立岩瀬農業高校(福島県鏡石町)は農産物の安全性や生産管理の国際基準である「グローバルGAP」の取得数で高校単独日本一となったと発表した。2020年に申請した枝豆、大豆、落花生、小豆、ブドウ、トマトとハーブの一種のルッコラの7品目が認証された。これまでコメ、リンゴ、ジャガイモ、キュウリなど11品目を取得し、2019年時点では愛媛県の高校と同数だった。岩瀬農高は東京五輪の選手村にグローバルGAPの認証を得たコメを提供することを目指している。

グローバルGAPの審査(10月、福島県鏡石町の岩瀬農業高校)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン