/

この記事は会員限定です

カドミウム吸収抑制 秋田県、あきたこまちR開発

[有料会員限定]

秋田県は土壌に含まれる有害物質カドミウムをほとんど吸収しないコメを開発した。「あきたこまちR」の名称で農林水産省に品種登録を出願しており、2022年に品種登録される見込み。早ければ25年の市場デビューをめざす。

12年から農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構、茨城県つくば市)の前身、農業環境技術研究所と共同開発を進めてきた。農研機構が開発したカドミウムを吸収しにくい「コシヒカリ環1号」とあきた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り804文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン