/

この記事は会員限定です

止まぬコロナ禍、業種で明暗も 東北展望2021

[有料会員限定]

2021年も新型コロナウイルスの感染拡大防止と経済活動の両立が課題となる。東北6県では1日あたり100人単位の大規模な感染は起きていないが、年末年始には全国で感染者が急増。小売業・観光業などと、安定した需要が見込める製造業で明暗が分かれる可能性がある。

1月2日、仙台市中心部の商店街では検温や消毒のブースを設け、行き交う人に感染予防を呼びかけた。大型店の初売りが午前8時ごろに始まり、その後に人が流...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1283文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン