/

この記事は会員限定です

さいたま市議会の自民会派、市長選へ分裂解消の動き

潜望展望

[有料会員限定]

さいたま市議会で自民党会派の分裂解消を目指す動きが活発になっている。2021年5月の市長選を見据えた動きとの見方がある。ただ、分裂の背景には01年のさいたま市誕生前から続く地域間の利害対立もあり、会派統一へのハードルは決して低くない。

「政策を実現できる素材を作りたい。最大会派を目指す」。9月30日、新会派「自民党議員団」(さいたま自民党)の鶴崎敏康団長は宣言した。自民系会派に所属する22人のうち...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り963文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン