/

この記事は会員限定です

長野・安曇野の三セク 温泉熱で栽培した豆もやし

まちづくり人づくり

[有料会員限定]

雄大な北アルプスを望む長野県安曇野市で、地域振興に向けて新たな活動が始まった。市内の北西部に温泉を供給する第三セクターの穂高温泉供給(同市)が、温泉の熱を利用して豆もやしの栽培・販売に着手した。通常よりも大きな見た目とシャキシャキした食感が特徴のもやしが、地域活性化の新たな芽に育とうとしている。

安曇野市穂高にあり、農産物直売などをするVif穂高。新鮮な野菜や果物が並ぶ直売所で、ある陳列台の店頭販...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り914文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン