/

この記事は会員限定です

発熱外来、陰圧ブースで対応 土浦ベリルクリニック

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染が疑われる発熱患者らの診療や検査を、身近な地域医療機関が担う仕組みが国主導で始まった。医療法人虹嶺会の「土浦ベリルクリニック」(茨城県土浦市)は3月ごろから受け入れ体制を整備。このほど建物内の気圧を調節してウイルス感染を防ぐ「陰圧ブース」の仮設施設も導入した。

同クリニックの駐車場に完成した施設で発熱患者の診療・検査が始まっている。外から見ると変哲のないこの施設が陰圧ブース...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り852文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン