/

この記事は会員限定です

コロナワクチン接種 東京23区、人員確保に課題

[有料会員限定]

4月12日から始まる高齢者向けの新型コロナウイルスのワクチン接種に向けて、東京都内の自治体が接種体制の準備を急いでいる。接種の場所と人員の確保が最重要課題になるが、日本経済新聞が東京23区を対象に実施した2月末時点の調査では、回答した16区のうち6区が医師らの人員確保が6割以下と回答した。各自治体は医師会などと連携し、調整を進めている。

ワクチン接種は多くの住民を公共施設などに集め実施する「集団接...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り843文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン