/

この記事は会員限定です

首都圏の官民、コロナで苦境の業界から人材受け入れ

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの影響で人手の余剰感が出ている業界から、一時的に人材を受け入れる動きが首都圏で広がっている。旅行業界やホテルは仕事が減っている半面、自治体などコロナ対策に取り組む職場は人手が不足気味。異業種で人材を有効活用し、コロナ禍を乗り切る。

千葉県船橋市は1月から、ANAホールディングス傘下のエアージャパン(成田市)の客室乗務員らを非常勤職員として採用している。現在は中国語や英語に堪能なスタッフら6人が在籍し、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り786文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン