/

この記事は会員限定です

茨城県境町、自動運転バスのバス停追加 利便性向上へ

[有料会員限定]

茨城県境町は18日、ソフトバンク子会社のBOLDLY(東京・千代田)と国内の自治体で初となった公道で定常運行する自動運転バスのバス停を6つ追加する。町の中心部にある観光拠点「河岸の駅さかい」と多目的ホールなどを備えた公共施設までの往復5キロメートルの運行ルート上にある病院や子育て支援センター、郵便局、小学校、役場、銀行での乗降を可能にし、利便性の向上を図る。

境町は半導体...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り184文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン