/

吉野家の日本酒、自宅でいかが? 新潟の柏露酒造

「吉呑み」の気分を自宅でも味わえる

柏露(はくろ)酒造(新潟県長岡市)は牛丼チェーン「吉野家」で提供されている日本酒の一般販売を始めた。同社の商品は吉野家が店内で約30年間提供している。コロナ禍で外出自粛が続くなか、自宅でも牛丼や「牛皿」などと冷酒を楽しみたいとの要望に応える。

商品名は「吉野家 本醸造生貯蔵 柏露酒造謹醸」。参考小売価格は720ミリリットル入りが1000円で、300ミリリットル入りが500円(いずれも税別)だ。全国のスーパーや酒販店、柏露酒造のオンラインショップなどで取り扱う。

柏露酒造の日本酒は1989年に吉野家が取り扱いを始めた。92年に牛皿に合う日本酒として開発した「冷酒(吉野家 本醸造生貯蔵酒)」が提供されている。近年は吉野家の「ちょい飲み」サービス「吉呑(の)み」でも親しまれている。店外での販売は今回が初めてだ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン